Top > 動脈硬化の検査

動脈硬化の検査

動脈硬化はこれと言った自覚症状がないうちに進行することから、その予防には定期的に健康診断を受診し、検査を受けることが大切です。

動脈硬化の検査は心音と心電図を計測しながら両上腕・足首に血圧計をつけて行い、5分くらいで終了します。心臓の拍動が動脈を通して手足に伝わるまでの時間を計測して動脈の硬化度を求めるもので、動脈が硬くなるほど伝わる速さが速くなり、動脈硬化が進んでいることになります。

上腕と足首の血圧比が0,9から1,3が正常値で、足首は上腕より血圧が高く、足の動脈が詰まると上腕より血圧が低くなり、0,9以下は閉塞性動脈硬化症の疑いが考えられ、1,3以上ならば動脈硬化症病変があります。

動脈硬化は脳波伝播速度でも検査でき、血管が硬いほど脳波伝播速度が速く、1400cm/s未満が正常、1400cm/以上だと脳出血・脳梗塞・狭心症・心筋梗塞の恐れがあります。眼底検査は網膜動脈硬化症の検査ですが、動脈硬化が網膜だけに起こることは考えにくく、全身の動脈硬化を推測する大きな手がかりとなります。

高血圧や高脂血症、糖尿病の血管への影響や、動脈硬化の程度も知ることができ、動脈硬化症の検査を定期的に受けることは成人病の予防にも大いに役立ちます。

 

 足のむくみ予防と対策  中性脂肪について  中性脂肪対策  結婚相談所の特徴
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
動脈硬化の種類(2009年7月22日)
動脈硬化が引き起こす病気(2009年7月22日)
動脈硬化の検査(2009年7月22日)
動脈硬化の一種 閉塞性動脈硬化症(2009年7月22日)