Top > 動脈硬化が引き起こす病気

動脈硬化が引き起こす病気

動脈硬化はその発症する部位によって様々な病気を引き起こします。動脈硬化が起こりやすい部位は大動脈・脳動脈・冠動脈・心臓・腎動脈などで、部位によって併発する病気が異なります。

脳動脈に起こる疾病は脳梗塞や脳出血で、動脈硬化や高血圧などを原因として脳動脈の血流が正常時の10%から20%になり、脳組織の酸素や栄養が不足・欠乏し、その部位の組織が壊死してしまった場合が脳梗塞で、血管が破れ出血した場合が脳出血です。

動脈硬化が全身に血液を送る大動脈に起こった場合、大動脈瘤や大動脈解離を誘発します。大動脈瘤は大動脈の一部が瘤状に膨らんだ状態で、大動脈解離は内膜・中膜・外膜の三層が壁が剥がれて二層になり2腔になった状態を言い、動脈硬化が起こす他の疾病と同じように血流を悪くします。冠動脈に起こった場合は狭心症や心筋梗塞を引き起こし、やはり血流の悪化や血流が止まってしまうことがあって、動脈硬化が起こす合併症の中でも危険な部類に入ります。

動脈硬化は腎動脈では腎硬化症、抹消動脈では閉塞性動脈硬化症を併発するなど、各血管部位で様々な合併症を起こし、場合によっては死に至ることもあることから、できる限り予防に努めるよう日常生活を見直すことが必要です。

 

 結婚相談所の利用方法  女性の顔のむくみ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
動脈硬化の種類(2009年7月22日)
動脈硬化が引き起こす病気(2009年7月22日)
動脈硬化の検査(2009年7月22日)
動脈硬化の一種 閉塞性動脈硬化症(2009年7月22日)