Top > 動脈硬化の一種 閉塞性動脈硬化症

動脈硬化の一種 閉塞性動脈硬化症

動脈硬化は体中どこの血管にも起こりますが、その中で特に下肢の動脈に起こるものを閉塞性動脈硬化症と呼びます。

動脈硬化とは動脈内壁にコレステロールやカルシウムが付着し、動脈壁が硬くなったり狭くなったりして血行が悪くなり、詰まりやすくなっている状態を言います。動脈硬化が進行し、足の動脈が狭くなる場合や詰り、足の痺れや冷たさ、下腿筋肉の痛みなどの症状が出る場合を閉塞性動脈硬化症といいます。

閉塞性動脈硬化症の初期段階では運動や歩行直後に痺れや冷感を感じますが、すぐに症状は消え通常は無症状ですが、進行すると筋肉に痛みや硬直を起こし歩行不能になることも考えられます。休息すると歩行可能になりますが、歩行時に充分な血流がない状態に陥ります。

閉塞性動脈硬化症がさらに進行すると安静時でも血流が不足し、痛みを緩和するため足を下げる姿勢をとるようになり、放置すると壊死を起こすため治療が必要です。動脈硬化は合併症を起こして死に至る場合もあることから、生活習慣にしっかりと留意し、規則正しい生活とバランスの良い食生活を送ることが大切です。

閉塞性動脈硬化症は、高血圧や糖尿病により悪化するため特に食生活には気を配り、歩行運動を毎日続けることで側副血行路が発達し血流が改善されますが、発症し日常生活が困難な場合は薬物療法や手術も必要となります。

 

 借金について  顔のむくみの原因  顔のむくみ対策  足のむくみについて
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
動脈硬化の種類(2009年7月22日)
動脈硬化が引き起こす病気(2009年7月22日)
動脈硬化の検査(2009年7月22日)
動脈硬化の一種 閉塞性動脈硬化症(2009年7月22日)